社会福祉法人 喜創会 〜ほのぼの日記〜

特別養護老人ホーム「風蝶木」「ナースログ」、看護小規模多機能型居宅介護施設「風蝶木の実 ケイパハウス」を運営する
社会福祉法人 喜創会のブログです。
<< 庭の桜で花見? | main | 風蝶木に春が来た! >>
「腹減った!まんじゅう、食わせてくれや!」
0

     『胃ろう』ってご存知ですか?何らかの理由で、口から食事を食べることが出来なかったり、食べにくかったりされる方に、直接、胃に栄養を送る方法のことをいいます。

     

    確実に栄養は摂れますが、『食の欲求』を満たすことはできません・・

     

     ナースログにも、胃ろうで栄養を摂られている方がいます。以前から甘いものが好きで、口から食べることが出来なくなった今でも、「まんじゅう、食わせてくれや!」と話されます。

     胃ろうを造った頃に比べ、嚥下状態が良く、ご自分のつばも飲み込むことが出来るようになられたので、まんじゅうとはいきませんが、飴をなめてもらいました。

     

     

     「うまい!」普段は十分動かない口も、飴をなめた途端にしっかり動きます。つばもしっかり飲み込めます。満足気なご様子に、こちらも笑顔になります。

     「口から食べたい。」当たり前のことが、当たり前に出来ない。それが『老化』という自然の流れです。しかし、少しでも、当たり前のことが、当たり前に出来るようお手伝いが出来ればと思います。

     そのうち、「まんじゅう、うまい!」と言ってもらえる日が来るかも・・・。

    | - | 10:47 | - | - |